Inner Circle

新たなるランドマーク

シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドンが2014年5月6日に開業予定

新たなるランドマーク
 

豊かな歴史に育まれたテムズ川のサウス・バンクに、シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドンが、2014年5月6日に開業予定です。ロンドン市内で初めての高層ビル、ザ・シャード は地上72階建て。34階から52階で営業を開始するホテルは、西ヨーロッパで最高の高さを誇ります。巨匠建築家、レンゾ・ピアノの手掛けたコンテンポラ リーなデザインが印象的なインテリア。そこからは、息を飲むようなロンドンのランドマークの景観が広がります。セントポール寺院やタワー・ブリッジ、そし てビッグベンの愛称で親しまれる英国議会です。

36階から50階を占めるホテルの202室のゲストルームとスイートは、ロンドンで最大級 のゆったりとしたスペース。ザ・シャードの建物特有のスパイラル状の構造設計がその広さを可能にしました。面積にして30平方メートルから188平方メー トル。各部屋には、それぞれ独自のレイアウトとデザインが施されています。すべての部屋にある床から天井までのピクチャーウィンドウからは、今まで目にし たことのない別世界のようなロンドンの眺望。床暖房が備え付けられた大理石張りのバスルームには、バスタブとシャワールームが別々に配置され、液晶テレビ が内蔵された大型ミラーやアクワ・ディ・パルマのアメニティーが心地良い空間を演出します。  

そして更に注目に値するのが、3軒のワイ ンバーとダイニングスペースです。ロンドンで最も高い位置にあるバー。建物の52階にあるゴングの名前の由来は、「斗栱(ドウゴン)」。それは、中国古来 から多くの建築物に用いられてきた工法。木製の升を前後左右に組み合わせた斗栱がバーのインテリアの基調です。建物の35階にあるホテルのシグニチャーレ ストランとラウンジバー、ティングは中国語で「庁」。リビングルームを意味します。そして、中国語で「廊」、つまり回廊を意味するラングは、グラウンドフ ロアーにあるアルティザン デリ。52階には、24時間営業のジムと、ロンドンで最も高い位置にあるインフィニティプール。ゴングと共に、52階の施設は2014年7月1日に営業 開始予定です。

  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.2247 s