Inner Circle

秘境ヒマラヤの中心地

2014年4月にシャングリ・ラ ホテル ラサがオープン予定

秘境ヒマラヤの中心地
 

世界一流のおもてなしで知られるシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツが、次にデビューさせるのは、地球上でもっとも高度の高いチベット自治区、ラサにある289室のゲストルームの都会派リゾート施設です。海抜3,650メートルの高原に広がるこの都市は、ヒマラヤ山脈や氷河と砂漠地帯の織りなす伝説的ともいえる絶景に囲まれています。思わず魅了されて引き込まれそうなこの地に、2014年4月17日にオープン予定のシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツの最新施設です。 

シャングリ・ラ ホテル ラサこそ、類まれな景観と世界有数の仏教の文化遺産の探索にぴったりな、ラグジュアリーな旅の拠点。そこには、世界遺産のポタラ宮やジョカンとセラ寺、そしてノルブリンカが待ち受けています。ホテルは、ポタラ宮やノルブリンカへ歩いていける便利な場所にあります。

もっとも小さなお部屋でも42平方メートルある289室のコンテンポラリーなゲストルームでは、全室無料のWi-Fi接続をお楽しみいただけます。中間色を基調としたモダンなインテリアには、チベットの民族衣装をモチーフにした土褐色や濃紺やビビッドな緑でアクセントが加えられています。華やかな彩りのトルコ石や金属装飾と花柄、そして幸運を呼び寄せる紋章など、チベット伝統の品々が空間を演出します。 

ホテルのシグニチャー レストラン、シャンバラは、地域の良さを存分に生かした本物のチベット料理のタパスバーとラウンジ。一日を通じて多国籍料理を味わえるダイニングレストラン、アルティテュードもお勧めです。香宮(シャンパレス)なら、広東料理と四川料理の特選料理をご堪能いただけます。ラウンジやダイニングでさまざまなお飲み物やお食事をご満喫いただけますが、何といってもポタラ宮を眺めながら楽しむ屋外のタパスバーでのひと時は格別です。  

  • Queries: 1
  • Query Time: 0.0017 s
  • Overall render: 1.2544 s