Inner Circle

竹の植林

シャングリ・ラの保護の取り組みによって効果が生まれる。

竹の植林
 

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツが中国・四川の土地の一角に竹の苗を植え始めてから2年が経ちました。シャングリ・ラが提供する1.6ヘクタールの植林地は現在、成長した竹で覆われています。都江堰ジャイアントパンダ救済・病害対策センターに隣接するこの竹の植林地によって、サンクチュアリに生息する29匹のジャイアントパンダと4匹のレッサーパンダに安定した食料供給ができます。

植林地には、竹以外にも、さくらんぼやマグノリアの樹木が植えられており、パンダの自然の生息地を模倣して、パンダの回復や生存に役立っています。サンクチュアリの特別プログラムにより、シャングリ・ラ ホテル 成都のゲストのお客様は、危機に瀕している動物の窮状についてさらに学ぶことができる教育ツアーや、飼育されているパンダの食料の準備などの学習アクティビティに参加することができます。

シャングリ・ラが後援するプランテーションへの初ツアーを実施し、幸運に浴するゴールデンサークル会員5名が回復しつつあるパンダに食料を提供する施設を訪れ、パンダのサンクチュアリでパンダの世話をするプロのスタッフが、野生で生息する病気のパンダをどのように救助するかについて説明を行う教育プログラムに参加しました。キッチンでは、参加ゲスト達が手を貸し、これらのパンダのための食料作りに挑戦しました。概して、ゲスト達にとって驚きと感動の訪問となりました。

植林地の成功と2012年に開始されたグループのパンダ保護プロジェクトを基礎に、様々な種類の竹を植える竹庭園を計画中です。調査の目的で造り、訪問する学生やゲスト、観光客のための情報エリアを作る予定です。

ゴールデンサークル会員のお客様は、ゴールデンアワードポイントを寄付することで、パンダの拠点となる竹庭園での苗を植え、ジャイアントパンダを支援することに貢献することができます。詳細につきましては、ゴールデンサークルのウェブサイトをご覧ください。

  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.2526 s