Inner Circle

世界の人々と心を一つに

シャングリ・ラ、アースアワー2013に参加

世界の人々と心を一つに
 

浦東 シャングリ・ラ 上海とシャングリ・ラ ホテル シドニーでは、マネージメントおよびスタッフがアースアワー2013に参加いたしました。今は小さな活動に過ぎなくても、今後、世界各地に広まるにつれて、地球温暖化などの気候変動に一石を投じることができると考えています。

浦東 シャングリ・ラ 上海では、2013年3月23日、508名のスタッフが当ホテル、リバーサイドアベニューでキャンドルを一斉に吹き消すパフォーマンスを行い、これまでのギネス世界記録を更新しました。各々キャンドルを手にしたスタッフたちが、歴史ある上海バンド地区を背景に並び、シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツを表す「S」の人文字を作りました。夜9時20分、特定のゲストルームの窓の灯りを利用して、当ホテル、リバーウィング正面の壁面にシンボルとなるキャンドルの姿が出現し、その様子は、その場に集まった人々のみならず、静安 シャングリ・ラ 上海からも多くの人たちが目にすることができました。大勢が見守る中、9時30分に508本のキャンドルとホテル壁面のキャンドルが一斉に消されました。アースアワーの時間中、ホテル内とホテル正面の灯りが消され、リバーウィングのプール、ヘルスクラブ、ホライゾンクラブといった特定の施設とランドリーが一時的にクローズされ、エネルギー節減に協力しました。

シャングリ・ラ ホテル シドニーでは、アースアワー2013の開催に伴い、持続可能な農法により地元の食材を提供する2件の農家と提携して、100%地元の素材を用いたホテル名物とも言えるイベント、ディナー イン ザ ダークを催しました。アルティテュード レストランの料理長であるマシュー・マクールは、2月に20ヘクタールにわたって広がるブルーマウンテンのベリデール オーガニックファームを訪れ、この国際的なイベントのために7種類のコースメニューを作り上げました。また、カフェミックスの総料理長、スティーブン・クラシツキは、地元の食材を活かした地球に優しいシーフードビュッフェと樹皮でスモークされたオーストラリア伝統の肉料理を披露しました。シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツでは、地域環境、健康と安全、従業員、サプライチェーン、およびステークホルダーとのリレーションという重要な分野での責務を果たし、サステナビリティを達成するための一環として、このような国際的イベントへの取り組みを行っています。

  • Queries: 1
  • Query Time: 0.0015 s
  • Overall render: 1.2733 s