Inner Circle

紅楼夢晩餐会

シャングリ・ラ ホテル 北京「香宮」で古典文学の世界を再現

紅楼夢晩餐会
 

2012年10月20日の夜、シャングリ・ラ ホテル 北京にて中国古典文学の傑作「紅楼夢」をテーマにした晩餐会が開催されます。淮陽料理の巨匠、アンソニー・ドンシェフがこの作品の中から料理名、食材、調理法をアレンジした至高の料理をお届いたします。

紅楼夢晩餐会は24種の料理からなり、「グランドビューガーデン」と名付けられた3種の前菜から始まります。精巧に彫刻された庭園に孔雀と蝶などの装飾が施されたシェフの創造性あふれる逸品です。メインは作品の一節を象徴する栄国府と寧国府の料理を基に構成されています。

たとえば、「白雪の中の梅花」では、細切りの鳩の炒め物、セロリの付け合わせ、ピンク色の花を模した海老、メレンゲで、49章で描かれた美しい花が咲く雪景色を表現しています。晩餐会メニューでは、シェフの代表料理である蟹みそと卵白の蒸しものとエビカレーとマルチカラーのバンズもお楽しみいただけます。また、2012年10月11~21日までの期間、会員様には本格的な淮陽料理をアラカルトにてご提供しております。

  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.2581 s