Inner Circle

カタツムリのペース

蘇州のゆったりとした暮らし

カタツムリのペース
かつて主要として栄えていた時代、蘇州には200か所をゆうに超える大きな古典園林がありました。

蘇州は、せわしない現代社会の現実から逃れて歴史の中に身を埋めて、ゆったりとした時間を過ごすのにとても良い場所です。蘇州に何度も旅をしてきたある方が、街のことを、「蘇州には文化と静寂とリラックスした生活のリズムがあります。」と表現しています。そして何よりも増して、ラググジュアリーな空間の中で、現代人への癒しのサービスとおもてなしを体感し、ゆっくりとした時間を満喫できるのが、シャングリ・ラ ホテル 蘇州です。自分だけの贅沢な時間に酔いしれて、心から安らぎを感じるための魅惑的なサービスをすべてご堪能いただけます。

ゆったりとした暮らし

ダイレクター・オブ・コミュニケーションのジェニー・フーが、街のアピールポイントについて、「街は現代的ですが、伝統的な特徴を多く今に残しています。」と、まとめています。ホテルは、まさに現代の大都会のラグジュアリーホテルの本質を具現化しています。歴史的な街の中心部から少し東に位置し、新しく開発された地域で最も高いタワービルの24階より上のほとんどのフロアをこのホテルが占めています。見晴らしの良い場所にそびえ立ち、広々としたすべてのゲストルームやスイートから、何にも遮られることなく景観がお楽しみいただけます。

選りすぐりのワインとダイニングの施設では、どんな種類の料理もご堪能いただけます。中でも、西村では、平山料理長が披露する一流の日本料理をお楽しみいただけます。そして、古代から伝わる技法と現代の英知の粋を集めたスパのトリートメントが、溜まったストレスを解消してくれることでしょう。いとも簡単に、時の流れを忘れて、快適さの中に身を沈めることができることでしょう。しかしながら、蘇州の代名詞にもなっている運河沿いの路地や伝統的な庭園の昔ながらの魅力をご滞在中に多少は探索しておくべきでしょう。

景観と歌声

かつて主要として栄えていた時代、蘇州には200か所をゆうに超える大きな古典園林がありました。今日では、世界遺産に指定された庭園が数えるほど残っているに過ぎません。あらゆる意味で、古典園林が街を象徴しています。蘇州を訪れて古典園林を散策しないのは、まるでニューヨークを訪れてセントラルパークを見ないで帰るのと同じです。最も有名な古典園林は、拙政園ですが、休日は特にとても混雑しますのでお気を付け願います。近隣にある獅子林の方が静かです。また現地の古典園林愛好家がお勧めする留園も同様に素晴らしいものがあります。

拙政園に人気があるのは恐らく立地にあります。近隣のアトラクションの一部になっているのです。­つまり、忙しいスケジュールの中で、散策に相応しい天候の日に、蘇州の代表的な景観を見るとなるとお決まりのコースになるからです。I. M. ペイが建築デザインを手がけた蘇州博物館や、土産品(蘇州は絹で有名)の買い物三昧ができる芸術品と工芸品の店が並ぶ絵葉書のような景観の平江区の運河沿いの路地、そして舟漕ぎの女性の歌声に酔いしれるブティックカフェです。伝統的な蘇州のエンターテインメントの方にむしろご興味がある方には、中張家巷通りにある昆曲博物館の評弾のライブステージがお勧めです。

蘇州の当時の繁栄は、高い壁に囲まれた古典園林の安らぎの場からも伺い知れます。これは京杭大運河に囲まれた要塞のような立地のおかげです。水路を通じて街に富がもたらされた当時の姿を彷彿する、旧市街周辺のボートでの探索は、古き良き蘇州が体感できる素晴らしいアトラクションです。長い年月を経て現代化された街にあっては、かつてマルコ・ポーロを驚嘆させたような素晴らしさが失われてしまいましたが、旧市街にはその魅力がまだ残っています。旧市街周辺を巡る日中と夜間のクルーズでは、評弾の歌声をライブで楽しむことができます。当時の姿を忍ばせるその雰囲気は、初めて街を訪れる旅行者なら必ず押さえておきたいものです。

伝統の味

蘇州が繁栄を通じて舞台芸術を育んできた中で、舞台を支援する富豪たちの一族が同時に育んだものは、極上の料理を振舞う料理人たちです。現地の食材を使った独特の食文化を培ったのです。

シャングリ・ラ ホテル 蘇州で中国料理のロジャー・シュー料理長が説明をしてくれています。「蘇州料理では、新鮮な季節の食材に重きを置いています。軽くて甘い味付けで食材のもつ味わいを生かしているのが特徴です。」

シャングリ・ラ ホテル 蘇州の中国料理レストラン、香宮(シャンパレス)では、どれも美味しいさまざまなご当地料理をお楽しみいただけます。近隣の太湖や陽澄湖で捕れた食材を使った料理には、湖で捕れた海老とオニバスの種のかき揚げと、ニシキテグリの揚げもの甘辛ソース仕上げ、じゅんさいと白飯魚のスープなどがあります。蘇州を訪れるつもりであれば、一番の季節は秋です。中国でこの季節に一番美味しいと言われている蟹をお楽しみいただけます

 シャングリ・ラ ホテル 蘇州に今すぐご予約を インスピレーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.3115 s