Inner Circle

おとぎ話の世界

有名観光スポットに負けない、知られていないパリの魅力を探る

おとぎ話の世界
ルーブル美術館やオルセー美術館はテレビでもよく紹介されていますが、その陰に隠れて目立たない美術館に行くとパリのあまり知られていない一面を垣間見ることができます。

サンジェルマン通りに並ぶハイセンスなブティック、シャンパン色にきらめく午後のセーヌ川などパリは魅力がたっぷりです。世界最高峰の美術館巡りをしてパリの美しさを堪能するか、風光明媚な街を散策して美を感じるか、パリでの過ごし方は頭を悩ませるところです。

あまり有名ではない美術館に絞って巡ると両方とも楽しめます。ルーブル美術館オルセー美術館はテレビでもよく紹介されていますが、その陰に隠れて目立たない美術館に行くとパリのあまり知られていない一面を垣間見ることができます。歴史を大事に守ってきた大都会では、興味をかき立てる物語が思ってもいない場所に隠されているものです。 

高貴な環境

パリを感じるためにホテルから出る必要はありません。シャングリ・ラ ホテル パリは本質的には美術館といってもいい建物で、114年前にはナポレオン3世を大伯父にもつローラン・ボナパルト王子の邸宅でした。フランス随一の貴族家系の一員として17世紀と19世紀の建築様式をミックスした上品な屋敷をイエナ通りに建て、それが今はシャングリ・ラ ホテル パリとして生まれ変わったのです。36室のスイートを含む101室のゲストルームのほとんどからは壮麗なエッフェル塔が見えます。ミシュランの星を獲得したフレンチの「ラベイユ」と中華料理の「香宮」の2つのレストランがホテルの豊かな歴史に彩を添えます。

歴史的建造物委員会の指導のもとで専門的な工匠チームによるホテルの改修を行い、大理石の床の保護やステンドグラスの補修など細心の注意を払ってリニューアルしました。ローラン王子の馬屋は穏やかなスイミングプールとフィットネスエリアに生まれ変わり、マリー王女とギリシャ王子ゲオルギオスの婚約写真を撮影した豪華なグランドサロンはそのままに残され、当時のきらびやかな生活を想像できます。

見どころへの簡単なアクセス

ホテル周辺は歴史的スポットにあふれ、滞在時間が限られていても見どころはたくさんあります。フランスの小説家バルザックの家はホテルから徒歩ですぐのパッシーの丘にあり、11回目の引っ越しをした最後の家が今でも残されています。この家には1840年に越してきて、「ラブイユーズ」、「娼婦の栄光と悲惨」、「従妹ベット」、「従兄ポンス」、「暗黒事件」など数々の有名な著書をここで執筆しました。

野菜や生花を扱うかわいらしい市場を抜けて5分ほど歩くと、壮大なルネッサンス様式の建物のガリエラ美術館に着きます。モードの歴史や服飾専門の美術館で、18世紀から現在のオートクチュールやストリートスタイルまでの衣装やアクセサリーが1,000点以上展示されています。2015年11月7日から2016日3月20日まで開催の特別展では、当時のファッションデザイナーを刺激したグレフュール伯爵夫人の衣装を展示しています。

その先へ

まだ少し時間があるならカルナヴァレ博物館で絵画、彫刻、家具、調度品、フランス革命時の重要書類などさまざまなコレクションを見てみましょう。14~15世紀の邸宅を改修した建物で、パリシイ族の先史時代のカヌーやマルセル・プルーストのオスマン通りのアパルトメントを再現したコルク張りのベッドルームなど、ガロ・ローマ文化から現代までの軌跡をたどってみましょう。

ここから少し先に行くと、おすすめのジャックマール=アンドレ美術館があります。フランス第二帝政時代の邸宅で、各部屋と階段に至る隅々まで芸術品が飾られています。もっと有名な美術館よりアートを近くで感じられるような雰囲気で、19世紀の収集家エドゥアール・アンドレと妻で著名な肖像画家ネリー・ジャックマールが集めた希少な芸術品や家具をじっくり鑑賞できます。にぎやかなル・マレにあり、日が暮れるころに活気づくおしゃれなレストラン、そこにあるだけでシックなブティック、スタイリッシュなホテルやアートギャラリーなど、光の街パリで大好きなものがすべてここにあります。

滞在中のヒント:

  • 晴れた日には美術館巡りと合わせ、リュクサンブール公園とサンジェルマン通りの先まで足を延ばしてセーヌ川沿いを散歩するのが最高です。ランチはカフェ・ド・フロールでミルフィーユをオーダーして、通りを眺めながらいただきましょう。
  • 有名な観光スポット周囲にある観光客向けレストランはおすすめできません。人生は短すぎて、まあまあの食事では満足できません。
  • 店に入る時は「ボンジュール、マダム」、「ボンジュール、ムッシュ」と挨拶するといいサービスを受けられます。店を出る時は「オルヴォワール」と挨拶するのが一般的です。

 

 シャングリ・ラ ホテル パリのご予約はこちら インスピレーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.3200 s