Inner Circle

南の都

大きなスケールの歴史を持つ南京

南の都
現在見られるものの多くは、最初に明王朝、次に中華民国時代の首都として役割を果たした2つの時代に関連しています。

南京の文字通りの意味は「南の都」であり、この輝かしい歴史が現在もなお、訪問者を引きつけている理由です。三国時代に初めて呉の首都になり、その後も引き続き六朝の首都となりましたが、現在見られるものの多くは、最初に明王朝、次に中華民国時代の首都として役割を果たした2つの時代に関連しています。

活気ある鼓楼区の中心部にオープンした全室450室のシャングリ・ラ  ホテル 南京は、明王朝時代の記念建造物の一つであり、ユネスコ世界遺産の暫定リストに登録されている世界最長の城壁から徒歩ですぐの場所にございます。明王朝の初代皇帝の朱元璋は、南京に首都を設け、1366~1393年に100万人の労働者によって35キロにわたる最長の城壁が築きあげられました。この城壁の25キロは現在でも残っており、鶏鳴周辺などの一部の地域では、城壁に沿って歩くことができます。明王朝の人々は、都市の防衛のために12メートルまでの高さがある城壁を使っていました。

山の隠れ家

南京の主な名所の多くは、紫金山近辺の城壁の外にあります。紫金山の南側には朱元璋の稜墓があります。朱元璋の死後、権力闘争が激しくなったため、首都が北京へ移されました。これにより、朱元璋は南京に葬られた唯一の明王朝皇帝となりました。悪霊を追い払う意味を持つ石製の動物が墓までの道に並べられています。墓自体は大きな丘の下にあるため、出入りできないようになっています。

明王朝初期には、近辺にある霊谷寺には、全体が煉瓦や石で造られた梁を使用していない無梁殿があります。1933年に建築された灵谷塔は、私たちの時代により近い地域を結びつけています。アメリカ人建築家たちによる支援とともに、共和国設立中に亡くなった人々に捧げ灵谷塔が建築されました。

清王朝が倒れ権力闘争の後、南京は中国国民党の最初の首都でした。孫文は、安定した政府が設立される前に亡くなりましたが、彼の願いを尊重し南京に葬られました。孫文の墓は、伝統的な中国の墓設計として多くの方法で再解釈されます。伝統的な南北の軸線に広がる墓まで歩くと392歩あり、記念の部屋にたどり着くと、大理石製の孫文の像が立っています。

市内中心部

総統府近辺にある南京のショッピングとダイニング地区の中心部である新街口の中間に、大きな孫文の像が立っています。この名所は明王朝時代に遡り、600年間に何度も持ち主が変わりました。19世紀半ばに起きた太平天国の乱の間、キリストの弟と称する洪秀全の従者たちが天王府を建築しましたが、反乱で敗退し、天王府は完全に取り壊されました。この地域には現在、再建築された天王府や明庭園、1912~1949年まで総統府として使用されていた建築物もあります。

南京夫子廟周辺地域は活気のある歓楽街で、本格的な地元料理のレストランやみやげ店が多く立ち並びます。夫子廟自体は何度も再建築されていますが、建物のほとんどは清王朝末期に建築されています。

長い1日の観光の後は、CHI スパでリラクゼーションをお楽しみいただけます。ゆったりとした気分でストレスを解放することのできる広々としたインフィニティプールもございます。ランニングを希望のお客様は、ホライゾンクラブルーム全室からご覧いただけるホテル近辺の玄武湖公園周辺で、ホテルがご提案するジョギングルートを利用することができます。江南ウォックでは、グルメのお客様は見逃すことができないホウ料理長による淮陽料理をお楽しみいただけます。

長い歴史や街路樹がある南京は、レジャーやビジネスの訪問に最適な都市です。地下鉄近辺に所在するシャングリ・ラ ホテル 南京は、現代のお客様が快適なご宿泊に必要とされる設備をすべて取り揃えておりご滞在に最適です。

 シャングリ・ラ ホテル 南京で宿泊予約を インスピレーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.3008 s