Inner Circle

革命の道路

現代的な中国の創造で重要な役割を果たし急速に近代化している都市が地方へのゲートウェイを提供

革命の道路
ほとんどの中国人には、南昌は中華人民共和国の建国の道筋で極めて重要な役割を果たしていることで最も知られています。

南昌がある種新しい革命を体験しているとも言うべく、カン江のリバーサイドには高層ビルが密集していますが、ほとんどの中国人には、南昌は中華人民共和国の建国の道筋で極めて重要な役割を果たしていることで最も知られています。

現在、都市は急速な近代化を遂げており、新しく5つの路線の地下鉄が開通されます。シャングリ・ラ ホテル 南昌は、カン江の川岸に建つ新しいタワービルの一つで、地下鉄駅がホテルから出てすぐの場所に開業される予定です。客室の多くから、南昌見晴らしの良い景観をご覧いただけます。光や水、音が演出する華やかなショーが毎晩20~21時まで行われる秋水広場は、ホテルから徒歩ですぐの場所にあります。広場の噴水から始まり、徐々に川岸に並んで立つ高い建物へと移るライトショーが音楽に合わせて演じられます。

由緒ある記念建造物

南昌の名所のほとんどは現在、市内のトップ観光名所である八一南昌起義記念館に関連しています。内戦時代に使用されたまま保存されている建造物は、以前は高級ホテルでした。記念館では、暴動や共産党員の革命への道路を示した図が展示されています。現在まで、8月1日はいまだ中国の革命の歴史で重要な日付であり、人民解放軍(PLA)になったことの始まりを印しています。軍の紋章の象徴は、中国語による数字の8と1を合わせたものです。南昌周辺には、暴動の軍事指導者の一人の朱徳の旧邸宅であった南昌起義記念堂があります。これらの名所のほとんどは、英語によるラベルの表記がほとんどされていないため、歴史に精通したガイドを雇うことをお勧めいたします。

南昌のもう一つの名所旧跡は、さらに昔に遡ります。滕王閣は653年に建てられましたが、破壊され、何度も建て直されており、現在の建造物は1980年代に建築されました。騰王が南昌の知事に任命された唐王朝時代に、騰王の別邸として建てられました。明王朝や清王朝時代の衣装や武器など興味深い展示物がある地下の基盤の内部を訪れることをお勧めいたします。

遠くに立つ縄金堂も唐王朝時代に建築されました。滕王閣と同様、元来の構造は内戦時代と変わらず、現在見る南京で最も高い建物は実際、1985年に再建築されました。縄金堂周辺地域は軽食で有名で、ランチを取るのに良い場所です。龍老五湯店は、瓦罐スープや南昌焼きそばの専門店として有名です。

都市の新しいシンボルの一つは、大観覧車の南昌之星です。ロンドン・アイの高さを上回り、2006年に世界最大の観覧車となりました。2008年までトップの座を維持し、現在でも世界第3位です。観覧車から、川や市街地の全景を見ることができます。

古き村落

一般的に現地の人々によって安義千年古村群として知られる羅田村は、地方にある田園風の村で、日帰り旅行の価値があります。地域には土産店や屋台はなく、建造物は非常に古いですがいまだに人が住んでいます。羅田、水南、景泰の3つの村があり、通説では景泰が最も古く、1,400年の歴史があります。古代国家や墨荘私塾で有名です。羅田や水南とは違い、羅田村の村人は、黄家出身ではありません。劉家出身の先住民は、後に明王朝初期に領地を与えられた李家と協力した劉向学者の子孫です。

3つの村で一番大きい羅田には、古い建物が最も多く立ち並び、最も趣があります。狭い石畳の通りには、石や木材でできた建築物に複雑に彫り込まれた木製のスクリーンがあります。黄秀文世大夫第のように、いくつかは美しく保存されていますが、壊れかけた状態でみすぼらしい建物もあります。黄秀文の住居は村で最も大きく、現在では3,300平方メートルに及びます。水南は村で最も歴史が浅く、黄家の子孫によって建てられました。民族博物館には、明王朝時代に遡る古い家庭用品や農具を保管しています。

 

 シャングリ・ラ ホテル 南昌で宿泊予約を インスピレーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.3041 s