Inner Circle

歴史に思いを馳せる

中国とスペインの影響を色濃く受けたフィリピンの食。ここでしか味わえない地元料理の魅力をご紹介

歴史に思いを馳せる
フィリピンでは食文化の融合は日常茶飯のことであり、異国の食文化を地元の味や食材とうまく調和させながら取り入れてきた数世紀以上にわたる歴史があるのです。

スペインのガリオン船や中国のジャンク船が貿易風に帆をはらませる勇壮な姿はもう見られませんが、かつてこの地に寄港した貿易船や移住者たちの往時の記憶は、マニラの食文化にしっかりと刻みこまれています。フィリピンでは食文化の融合は日常茶飯のことであり、異国の食文化を地元の味や食材とうまく調和させながら取り入れてきた数世紀以上にわたる歴史があるのです。マレーシア料理やアラビア料理の影響も無視できませんが、特徴ある今日のフィリピン料理の基盤となっているのは、何といってもスペイン料理と中国料理でしょう。地元の代表的な料理でさえ、どちらかの国の特徴が見られるのです。そして、この傾向はマニラで顕著に見られます。この街ではスペインや北アフリカの香り豊かなパンやペストリー、中国の飲茶や麺、餅のお菓子などが常に身近に存在していたことが、その理由として挙げられるかもしれません。

食に興味をお持ちの方は、ぜひマニラを訪れてみてください。マカティ シャングリ・ラ マニラがある金融街は、近代化が進む都市の中心地に位置します。しかし、歴史の味を受け継ぐマニラ料理を堪能するのに遠くまで足を運ぶ必要はありません。

多彩なメニュー

当ホテルから徒歩5分ほどの場所には、広場や人工池を配したグリーンベルト ショッピングモールがあります。ここは、木々に囲まれるカトリック教会が併設されるなど、都会の中にありながら心安らぐ憩いの場となっています。ショッピングや食事を楽しむ場として、また、信仰の場として、思い思いのひとときをお過ごしいただけます。

グリーンベルト5の2階には、アミーナ・アラナスやランディ・オルティスといったフィリピン人デザイナーのブティックが並んでいます。また、フィリピンの伝統料理をお楽しみいただけるレストラン「フェリー・ジェイズ」では、代表的な家庭料理であるアドボ(豚肉の煮込み)やレチョン・カワリ(豚バラ肉のカリカリ揚げ)などをご堪能いただけます。

フィリピンでは豚肉とお米がよく食べられますが、その他にも、牛肉や鴨、鶏、魚介類を使った料理が人気です。1階にあるレストラン「Mesa Filipino Moderne」では、その名が示すとおり、フィリピンの伝統料理にモダンなアレンジを加えた創作メニューを得意としており、小イカのイカスミ煮込みのアドボをはじめ、幅広いシーフード料理をお楽しみいただけます。

旧世界と新世界

スペインのコンキスタドール、ミゲル・ロペス・デ・レガスピがフィリピンを植民地化した1571年以降、16世紀の食文化がどのようなものであったかに興味をお持ちの方は、マヨルカ島伝来と言われるチーズがけのスイートブレッド「エンサイマーダ」や、スペイン風ホットチョコレートをお試しください。また、壁に囲まれたかつての要塞都市、イントラムロスでは、当時の厳しい政治情勢の一端を伺い知ることができます。ツアーコンダクターのカルロス・セルドラン氏がこの地域の歴史について楽しいパフォーマンスを交えながら詳しく解説してくれます。

フィリピン料理を考えるとき、スペインの存在を避けては通れません。ただし、スペインがこの地を治める際に、メキシコの総督を介して統治を行ったという歴史的な背景があるため、スペイン発祥のフィリピン料理には、風味や食材といった点でメキシコ料理の影響が感じられるものも少なくありません。たとえば、牛肉をチリとトマトで煮込んだ「カルデレータ バカ」は、ピリッとした辛さがお好きな方にはたまらない一品です。

間食の誘惑

イントラムロスのほど近くにあるビノンド地区には、400年の歴史を誇るチャイナタウンがあります。フィリピン料理に多大な影響を与えたもうひとつの国が中国であり、特に醤油や酢をふんだんに用いた調理方法や、地元の人々が好む甘酢っぱい味や麺料理などに、その特徴が顕著に表れています。

キアポ近くのケソン大通りにある「Ma Mon Luk」では、マニラ随一と言われるチキンヌードルスープ「マミ」をお楽しみいただけます。すぐそばにあるキアポ教会にはブラックナザレと呼ばれる黒いキリスト像がまつられており、病気を治す奇跡の力を持つと信じられています。

スペインのシエスタに由来すると言われる午後のおやつの習慣「メリエンダ」では、中国伝来の食べ物が欠かせません。マニラではマニラの人々にならって、ランチとディナーの合間に一息ついてみてはいかがでしょうか?フィリピンスタイルの蒸しパンや肉団子、ココナッツ風味の餅など、多彩なスナックをお楽しみいただけます。

さらに、地元料理、スペイン料理、中国料理の3つの食文化が融合された究極の料理をお望みでしたら、ぜひ「チャンポラード」と「トゥヨ」をお試しください。チョコレートのお粥と塩の効いた干し魚というきわめて独特な組み合わせは、他では決して出会えない味となることでしょう。革新的な料理の数々は、フィリピンの多様な食文化を見事に集約しています。

 マカティ シャングリ・ラ マニラに今すぐご予約を インスピレーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.3929 s