Inner Circle

食の冒険

豊かな風味に包まれた至福の一皿。欲張りなグルメを満足させるクアラルンプールの食の魅力とは。

食の冒険
そして、中国、マレー、インド、タイの伝統料理が融合された結果、奔放な味と魅力的な香りを兼ね備えた多彩な食文化が花開いたのです。

クアラルンプールの料理には、興味深い歴史的なストーリーが秘められています。この地にさまざまな民族が暮らしていた植民地時代、スズ炭鉱で働く中国人やインド人がそれぞれの国の食文化を伝えることで、世界に類を見ない独特なスタイルの料理が生み出されることになりました。そして、中国、マレー、インド、タイの伝統料理が融合された結果、奔放な味と魅力的な香りを兼ね備えた多彩な食文化が花開いたのです。

路上の出会い

クアラルンプールの大きな魅力の一つに挙げられるのは、ごく身近な場所で心奪われる味を体験できることでしょう。実際、路上の屋台などで至福の味に出会うことも少なくないのです。地元料理が初めての方には、ジャラン アローがお勧めです。数多くの屋台が軒を連ね、露天のテーブル席でさまざまな地元料理をお試しいただけます。どのメニューも絶品なので、フォークがプラスチックであろうとエアコンがなかろうとまったく気にはなりません。中華鍋のぶつかり合う音、香ばしい香り、さまざまな感覚が刺激されることで、食の聖地にいる実感が一層深まるはずです。

いろいろな種類の料理を味わうには、お腹をしっかりとすかせて、できれば大人数で臨むことをお勧めします。地元で最もお馴染みの料理、サテーは、ジューシーに焼き上げた鶏肉や牛肉に、ピーナッツソース(タイ料理ではココナッツミルクを用いますが、ここでは牛乳を用います)、キュウリ、玉ねぎ、ナシインペ(バナナの葉で調理して半分お餅のように固めたライス)を添えた、欠かすことのできないメニューです。また、エイのグリルは、うなぎにも似たさっぱりした白身とジューシーな皮との相性がたまりません。ぜひお試しください。

甘いものの代表と言えば、アイスカチャンでしょう。ヤシの種、小豆、スイートコーン、仙草のゼリー、アガーアガー(ゼリーの一種)を混ぜたものにかき氷をトッピングして、コンデンスミルク、赤いローズシロップ、パームシュガーをたっぷりとかけた、さわやかなスイーツです。珍しいものをお試しになりたいなら、ドリアンはいかがでしょう。甘くてバターのような果肉の食感と、それとは対象的な独特の臭いが特徴です。好き嫌いは分かれるものの、慣れればだんだんやみつきになる少し上級者向けのフルーツです。

地元で人気の一品

ホーカーの多くは特定の料理を専門としているので、見かけはどうであろうと、味は一流です。マレーシアの人々は食通が多く、お気に入りを求めてよく屋台を訪れます。スリ ニルヴァナ マジュ バナナリーフは、ライス、野菜、ピクルス、パパダム(薄いパン)、カレーを取り合わせた伝統的なバナナリーフ ランチで人気のレストランです。伝統的なマレー料理のイカンバカール(焼き魚にサンバルとライム一絞りを添えたもの)には、サンバルヒジョウ(緑色のチリソース)を合わせてご賞味いただくと、シンプルながらも絶妙な味わいが楽しめます。ホッケンミーで有名な店と言えばキムリャンキーです。ホッケンミーは、太めの麺を魚介や豚肉と一緒に濃厚なソースで炒めた料理で、石炭ストーブの火であおると香ばしい香りが一気に立ちこめます。

マレーシア料理は気取らない賑やかな雰囲気の中で楽しむのが一番ですが、少しおしゃれに味わいたいという人も増え始めているようです。ビジャンでは、洗練されたアルフレスコスタイルでルンダン(香辛料などで煮込んだ肉料理)やアヤム プルチェ(鶏肉のバーベキュー)などの伝統料理が楽しめます。より高級感漂うレストラン、エナックでは、オーナーの家族で代々受け継がれてきた家庭のレシピを基に、チリプラウンやブルージンジャー風味のフライドチキンなど、現代風な盛り付けで親しみやすい味を提供しています。

世界の味を満喫

クアラルンプールにはあらゆる料理が揃っているといっても過言ではありませんが、シャングリ・ラ ホテル クアラルンプールでは世界各国の多彩な味を幅広く展開しています。ワインスペクテイター誌の「エクセレント賞」やAsia Inc誌の「ビジネスダイニング賞」などの受賞歴を誇るラフィーテでは、子羊すね肉の蒸し煮、クウェーリエビとカニのサラダ、バルサミコアイスを添えたスパイシーな苺のコブラーなど、料理長ジョン・ナッシュが世界各地を旅して得たインスピレーションを基に伝統的なフランス料理の技を活かして作り上げた季節の料理をご用意しております。

本格的な広東料理の香宮では、「ACEライジングスター・ウイナー」を受賞したシェフ、タン・キム・ウェンが、ツバメの巣、キングプラウン、オーストラリア産ロブスターなどを用いた贅沢な一品をご提供いたします。また、寿司、グリル、割烹の各専用カウンターを備えるジパングは、見た目の演出にもこだわる革新的なレストランです。料理長、石井貴之の完璧な技によって生み出されるフォアグラ巻き、サーモンの刺身、茶碗蒸しは絶品です。

お腹が満たされたら、最先端のナイトスポット、トレーダース ホテル クアラルンプールでカクテルはいかがでしょうか。目の前に広がるペトロナスツインタワーの美しさは圧巻です。プールサイドに設けられた落ち着いたバーは、盛大なニューイヤーパーティが開かれることでも知られ、楽しいひとときをお過ごしになるのに最適です。雄大な夕陽を眺めながら心静かにくつろげる極上の空間は、文字通り最上の場所に位置するオアシスと言えるでしょう。

 シャングリ・ラ ホテル クアラルンプールに今すぐご予約を  トレーダース ホテル クアラルンプールに今すぐご予約を インスピレーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.3166 s