Inner Circle

グルメのためのパリ案内

バターの香り漂うパティスリーから、秘密の隠れ家ワイナリーまで、食べることもワインも大好きなエミリー・ジョーンズが、
シャングリ・ラ ホテル パリを拠点に敢行した贅沢なグルメ探訪記をご紹介します。

グルメのためのパリ案内
朝にはパンとバターの香り、夕方にはワインとガーリック。パリの街は食欲を刺激する香りに溢れています。

もしあなたが、パリの裏道でブラブラと午後を過ごしたなら、まずまちがいなく起こることが2つあります。1つは、小さなブティックをあちこち回っ て、信じられないほどの洋服を買い込んでしまうこと。そしてもう1つは、買った洋服がどれもきつくてはいらないという状況。街を歩きながら無数のパン屋や ワインバー、チーズショップに寄ってしまったせいで。実際、パリの街は食欲を刺激する匂いで溢れています。夜明けとともに、通りはバターとパンの香りで満 ちあふれ、日没とともに、ガーリックとワインの匂いに変わるのです。

シャングリ・ラ ホテル パリの 滞在客ならではの楽しみもあります。ここはナポレオン・ボナパルトの弟の孫ロラン・ボナパルト殿下の旧邸宅であり、耳をすませると、古きよきパリの豪華な 食卓、たくさんのクリスタルグラスの触れ合う音が聞こえてきそうです。1896年に建てられたこの建物は、当時の魅力や贅沢さが再現されるように慎重に改 築されています。ふと振り返れば建物内のそこかしこに、息をのむようなみごとな壁画や、まぶしいシャンデリア、思わず天井に見入ってしまうほど凝った石細 工が見られるのです。

ビストロ万歳!

パリの小さな裏通りには何百という個人経営のビストロが、プリフィクスランチを提供 しています。ビストロというのはおそらく、パリっ子たちが地下のキッチンから発展させたもので、そのひとつひとつが、伝統的なフランス料理を布教する小さ な寺院のようなものです。選ぶにはあまりにたくさんありすぎて、自分の足でお気に入りを見つける楽しみは尽きませんが、確かな、ハズレ無しの店をとおっ しゃるなら、Le Baratin (3 rue Jouye-Rouve) はこじんまりしていて間違いのないビストロ体験を、同様に Casa Olympe (48 Rue Saint-Georges, 9th) はたっぷりしたボヘミア風家庭料理を、Le Bistorot Paul-Bert (18 Rue Paul Bert) は豪勢な正統派パリ料理を提供してくれるでしょう。

パリの穴場ワイナリー

ほとんど知られていないことですが、パリの滞在客は、全く違った2つのフランス観光の代表的な日帰りツアーを1日に両方楽しむことができるのです。それは、 サクレクール寺院の見学ツアーと、午後のひとときを地元のワイナリーで試飲して過ごすツアーです。ル・クロ・モンマルトル(Clos Montmartre)は、モンマルトルの丘の中腹から広がる立派なワイナリーで、ローマ人がここに寺院を建てて酒の神バッカスを祀った昔から現在までワ インを作り続けています。ぶどう畑は1556平方メートルに及び、毎年約1500本のガメイおよびピノ・ノワールの500mlボトルを醸造しています。毎年10月、モンマルトルで開催されるブドウの収穫祭、Les Fete des Vendanges de Monmartreは、このワイナリーが中心となって催されます。祭のプログラムなど詳細はこちらからご覧いただけます。

パリのかけらを持ち帰る

食品市場をぶらつくことはパリっ子の究極の楽しみであり、なかでもオーガニック食品が集まるラスパイユ(Raspail)大通りのマルシェビオロジック (Marché Biologique)は、数あるパリの露天市の中でも最も有名です。日曜ごとに、パリっ子たちはこの朝市をぶらつき、レンヌ(Rennes)通りから シェルシュ・ミディ(Cherche-Midi)通りまで、ずらりと並んだ屋台の上の山と積まれた果物や野菜、乳製品、シーフードを物色し、堪能します。また、クレア(Cler)通りでは、毎朝、チョコレートとクレープ、チーズ屋の屋台たちが目も舌も楽しませてくれます。

旅先でのあなたの「家」で

灯台下暗しというのはよくあることで、あなたがシャングリ・ラ ホテル パリに滞在しているのなら、正面階段を降りた中庭の一角にあるホテルのメインダイニング、ラベイユははずせません。正統派のフレンチを味わいたいとき、特 に、食後に時間をかけずに部屋に戻れるという特権を享受するにはこれ以上の店はありません。シェフのフィリップ・ラベは、伝統的な調理法を頑なに守りなが ら、時に革新的なひねりをきかせて、舌を楽しませてくれます。6皿のテイスティングコースは、パリで最高の材料を使い、繊細なサーモン料理からリッチな チョコレートまで、あなたを贅沢な美食の旅へと誘います。フランス料理の真髄が味わえる喜びに加え、最高のソムリエによる料理とワインの組み合わせ、素晴 らしいチーズプレートの味わいも、忘れられないグルメ体験になることでしょう。

こんな贅沢三昧の1日の締めくくりには、シャングリ・ラ ホテル パリのスイートルームのバルコニーでゆったりと食後酒を味わう以上の幸せはありません。目の前にはライトアップされたエッフェル塔、その足元にはきらめく セーヌ川、静かに一日を振り返る至福のひとときが訪れます。

 シャングリ・ラ ホテル パリに、今すぐご予約を インスピレーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 1
  • Query Time: 0.0015 s
  • Overall render: 1.3954 s