Inner Circle

料理の名人

成都は決して空腹になることがない食のパラダイス

料理の名人
辛さにはあまり得意ではない初心者の方は、鴛鴦茶鍋を注文するとよいでしょう。

中国の活気溢れる都市、成都はジャイアントパンダや魅力的な茶屋など、たくさんのことで有名ですが、舌が燃えるような辛い鍋料理が最も有名であることは否定できない事実です。

香辛料の味わい

成都のほとんどの場所では、スパイスの香りが常に漂っています。実際、道路ひとつおきや市内のほとんどのショッピングモールに鍋料理レストランがあるのに不思議はありません。しかし、成都の住民は1日のいつでも辛い料理を食べるのが好きなくらい、地元の人々が午前2時に鍋料理をたっぷりと食べるのを見かけるのがよくあります。そもそも、四川産のコショウの実や唐辛子よりも成都の食文化の方がもっと深見があります。

2010年に成都はアジア初の都市としてユネスコ美食都市に指定されました。生徒は中国で最高の調理学校が所在する都市でもあります。四川烹饪高等専科学校(今は四川旅游学院学校に属している)は毎年、世界中の多くの料理人や料理ジャーナリストを引きつけており、すべての中国料理の中で最も複雑であると言われている四川料理の調理をマスターしています。調理学校は、数々の卒業生を生み出していますが、その中でも、アメリカでチェーンレストランを所有する中国人シェフでありピーター・チャンが有名です。

シャングリ・ラ ホテル 成都は中心部の濱江東路沿いにあり、都市や料理の体験に最適なロケーションです。エグゼクティブスーシェフのジェイソン・ワンが料理長を務める香宮は、本格的な広東料理や四川料理をお楽しみいただけます。常州出身のワンシェフは、20年近くトップホテルで経験を積み、2010年には中国料理グレートマスターを受賞しました。

グランドマスターズ

優れたシェフに関して話すと、成都の2名のシェフは、世界の料理シーンで高く評価され注目を浴びています。四川料理の素晴らしさは、ほとんどの外国人が体験するような汗を出しながら舌をしびれさせるほどの辛さにではなく、辛さ、甘さ、酸っぱさ、苦さ、塩辛さの5つの味わいの微妙なバランスにあります。そして、このバランスを引き出す技では、2名のシェフに勝るシェフはいません。

心地よいレストラン、Yu’s Family Kitchenは、下同仁路沿いにある伝統的なレーンハウスで、ユー・ボーシェフが調理する最も上品な四川料理を食べることができます。料理の準備から調理方法まで、料理が伝統的でありながら斬新であるよう注意しています。小豆饅頭は、創造力で定評がある一品です。ハサミを使って、ハリネズミに似るまで白饅頭をハサミでチョキンチョキンと切っていきます。その他にも、先がペストリーと豚ひき肉でできた書道の筆と食用の赤インクなどのお勧め料理があります。

四川料理の各要素を様々な食感の傑作料理へと変える優れた能力は、世界中で話題となっています。アメリカ副大統領のジョー・バイデンなどの世界のリーダーが彼のレストランを訪れています。レストランにはメニューがないため、電話での予約の際、料理をあらかじめ注文する必要があります。

長発街のYu Zhi Lanレストランのラン・グイジュンは、中国料理の頂点に立つユーと同じレベルにある料理人と考えられています。Yu Zhi Lanでは、ランシェフが微妙でありながらはっきりとした味わいを持つ料理を作りだすために、日本産のマリネードやオリーブオイルといった海外の食材のフレーバーを使った様々な料理アプローチを体験することができます。彼の小さなレストランは座席数18席で、Yu’s Family Kitchenのように、予約なしでのお食事はほとんど不可能です。

少し現代的なダイニングエクスペリエンスを体験できるYunmen Emerald Concept Restaurantでは、分子料理を楽しむことができます。レストランには、カラフルでけばけばしい家具が置かれ、ゴールドの縁のベルベットのカーテンや巨大なシャンデリアが白の羽毛で覆われた天井からかけられています。どれもが新奇な体験です。Yunmen Emeraldは、分子料理レストランという名目ですが、四川料理や北京料理、湖南料理などの様々な料理も体験いただけます。

黄金の鍋

Yunmen Emerald Conceptなどのレストランは、都市で栄える料理文化の示唆と言われており、美食の首都として新たな評判を生んでいますが、成都への旅は、鍋料理を食べずして完成されません。Huang Cheng Lao Maは、成都にある最も有名な鍋レストランの一つで、内装と料理の両方の点で洗練されたダイニングエクスペリエンスを体験できるため、多くの人に人気があります、アメリカ合衆国のファーストレディーのミッシェル・オバマは、以前ここで食事をしたと言われています。

辛さにはあまり得意ではない初心者の方は、鴛鴦茶鍋を注文するとよいでしょう。マラと、客が選べる辛くないブロスを使っています。地元の料理店よりは辛さを我慢できる範囲の味わいで、ブロスに使われている油は、あまりねっとりとはしていません。後味としてフレーバーが残り、辛さはあまり残らないためお勧めです。

活気のあるレストランチェーンのBashu Dazhaimen Hot Potでは、深夜でも混んでおり、本格的な地元の体験ができます。ウェイターは注文を取ることに夢中で料理を運んだりテーブルを拭いたりと忙しいですが、サービスは驚くほどフレンドリーで効率的です。価格は安いものの、食材は清潔、新鮮で、クオリティは劣ってはいません。ぜひご注文いただきたいのが、そのままで食べたり、辛いマラブロスに入れて食べたりするポークフリッター揚げです。地元の標準でもここでのマラの辛さは激辛で、味わいに興味をそそらさせる深みがあります。

マラ鍋料理を存分に食べたら、他のお勧め料理レストランにも足を運びましょう。人民南路沿いにあるYu Ling Shan Zhenは、地元の人々に人気のあるキノコ鍋レストランです。チキン、ポーク、ラム、そしてもちろんマラのほか、鍋ブロスに入れるキノコを30種類以上の中から選ぶことができます。珍しいキノコのいくつかは割高ではありますが、料金は手ごろです

成都では選択することができる多くのレストランがあるため、次にどの料理を選ぶかではなく、すべての料理を試す時間が十分にあるかどうかにかかっています。過食はこの美食の旅では逆効果を生じることがあるため、食事をゆっくりと楽しむことを常に覚えておいておくと良いでしょう。

ヒント:

  • タクシーは安価ですが、ラッシュ時間には道路が非常に混雑するため、地下鉄を利用することをお勧めいたします。
  • すべての鍋料理レストランでの豆やピーナッツでできたドリンクや胡麻油、ガーリックディップは非常に辛いので、冷たい水を飲んで辛さをしのぎましょう。
  • 地元のレストランのメニューは通常、英語の表記がなく、ウェイターは英語を話さないため、北京語を話す友人と一緒に行くことをお勧めいたします。
  • 成都を訪れるのに最も良い時期は、雨が少ない3~6月と9~11月です。

 

 シャングリ・ラ ホテル 成都で宿泊予約を インスピレーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.3078 s