Inner Circle

歴史の展開

多面的なペナンの活気の原動力となっている歴史、芸術、文化、料理

歴史の展開
現地の日々の生活を表した芸術家のアーネスト・ザハレヴィックのイラストレーションが市内中の建物に描かれ、こういった芸術が、好奇心のある観光客や居住者が新しい作品を求め続けさせるパブリックアートの流行を始動させました。

ペナン プラナカン マンションの大きな窓から夕焼けが差し込む夕方前。複雑な彫刻が入ったパネルから黄金色の絵画がきらめき、真珠層のインレーが古めかしいダークウッドのテーブルや椅子から輝く。ピンク色の絹製の華やかなベッドがちらちらと光る。それぞれの部屋が完成しており、ディテールに満ちている。印象的なこの邸宅の男、ババが仕事に出かけ、妻のニョニャがアフタヌーンティーに出かけるかのように。この邸宅は実際、1894年に建築されました。

満ちたストーリー

マレーシア半島北西部の海岸にあるペナンへは、歴史に包まれながら伝統が今もなお引き継がれ、進化し続けている島です。この邸宅をはじめとするペナンの古きジョージタウンの歴史的名所は数多くあり、驚くほど安く簡単に行くことができます。1786年にイギリス東インド会社が確立したペナンは、古くからの中国人の移民やインドの寺院、白色の植民地風の建物があり、すべての名所は午後一杯で見て回ることができます。ペナン プラナカンの他には、士族の家である精巧なクーコンシへの訪問もお勧めです。豪華な装飾品が施されたホールや家、劇場を扱ったジョディー・フォースターの映画「アンナと王様」のロケーションにもなった建物です。その近辺にあるチョンファツィーマンションの鮮やかな青色の外壁は、その他の白色の植民地風の建物とは対照的です。また、木製のタラップに到達するチュージェティが中でも最長である士族の船着場や水上の家とともに必見の名所です。

観光客の間ではレンタカーの利用が一般的ですが、三輪自転車タクシーに乗ると名所を間近で見ることができ、運が良ければ、ドライバーから個人的な回想やお勧めを聞くことができます。保存状態の良い名所周辺で、土曜日の午後(平日よりもあまり込んでいない)に三輪自転車タクシーに乗って車の間をジグザグに走り抜け、中華街や、ボリウッドのリズミカルな音がスピーカーから成るリトルインドを通り、ポイントに着いたら屋台で地元の料理を食べることができます。

現代的な面

しかし、ペナンは過去を振り返るだけはなく、現在も文化が華やいでいます。2008年にユネスコ世界遺産に登録されて以来、新しい芸術や文化のイニチアチブを受け入れています。現地の日々の生活を表した芸術家のアーネスト・ザハレヴィックのイラストレーションが市内中の建物に描かれ、こういった芸術が、好奇心のある観光客や居住者が新しい作品を求め続けさせるパブリックアートの流行を始動させました。

「以前までは、人々は週末でも外出していなかったのが、今では、エキサイティングなことを探しています。最近はかなり忙しくなりました。」と三輪自転車のドライバーのリムが語っています。

土曜日の夜のアメリカンストリートでは、中古マーケットの商品が草むらに広がり、大道芸者が楽器を演奏し歌を歌っています。日曜日の朝には、プロジェクト オキュパイ ビーチストリートは張りゲートで囲まれ、ローラーブレードやズンバ、ストリートマーケット、ライブ音楽、パフォーマンスなどのアクティビティが行われています。リトルペナンマーケットでは毎月最終日曜日に、伝統的な芸術作品や現代的なアートが展示されています。これらの地域の周辺すべてには、小さなコーヒーショップや、エッグタルトで人気のあるミンシャンタイペストリーショップなどの伝統的なベーカリーが並んで立っています。

屋台料理の天国

食がこのすべての中心にあります。ペナンは、島に住むマレー人や中国人、インド人を含む民族のるつぼが生み出した屋台料理で有名です。屋台の熟練の料理人達が湯気の出ている特製料理を器にすくい出す姿を見ながら、訪問客は進化し続ける島の伝統的な料理を楽しむことができます。ラクサやナシレマ、クルマエビ入りスープ、ロティカナイ、チェンドルアイスデザートなどの屋台料理を食べずして去る訪問者は、ジョージタウンの醍醐味の半分は体験していないのと同様です。

ジョージタウンから別の場所へ移動すると、さらに料理の楽しみを発見できます。新しいホップオン・ホップオフバスを使って、バトゥフェリンギのビーチに並ぶアトラクションへ簡単に訪れることができます。町の北部に向かって約45分移動すると、魅力的な香りが漂うトロピカルスパイスガーデンズにたどり着きます。現地で有名な料理人のロハナ・ターナーやパーリー・キーが緑豊かな8エイカーの庭園の中で、マレー料理やニョニャの秘伝レシピを料理クラスで教えてくれます。料理クラスは人気があるため、ご予約をお忘れなく。

贅沢なひととき

シャングリ・ラ ラササヤン リゾート&スパ ペナンでは、トロピカルな田園や陽気でスタッフによるフレンドリーなサービス、心地の良いアイランドの雰囲気、ドリアンパッケージをお楽しみいただけます。アジアで人気があり、鼻を刺激する香りの果肉で有名で、スパイクのような皮を持つドリアンは、ドリアン農園で有名な地域であるバリック・プラウ原産です。6月から9月まで、ホテルや近辺にあるゴールデンサンズ リゾート ペナンでは、現地で育った様々な種類のフルーツをお楽しみいただける食べ放題パッケージをご用意しております。リゾートが提供する優れたサービスや高いクオリティのダイニングエクスペリエンスにより、観光客だけでなく、洗練された生活を楽しみたい地元の住人の間で非常に人気です。

ドリアンは、ホテルでの滞在のための良い口実ですが、ホテルが保存のために周辺に植林した樹齢100年のレインツリーに覆われたプールや、プライベートビーチの散歩、CHI スパのご利用など、その他にもお楽しみいただけることがたくさんございます。ハーブやレモングラス、パンダンリーフや昔から伝わるヒーリングテクニックを使った豪華なヴィラでの伝統的なラサアスマラダナマッサージは、伝統を保ちつつ変化を受け入れるペナンのご体験にうってつけです。

ペナンの旅行のための豆知識

  • 厚さをしのぐ:ペナンの気温は1年中高温です。11~15時までの時間帯の観光を避けるのが賢明です。
  • 食のツアー:屋台巡りには何日も要するので、あらかじめご計画を。政府が、屋台料理に関する多くの種類のパンフレットを制作していますが、現地の住人にお勧めを尋ねるか、ツアーに参加することを考慮にいれるとよいでしょう。
  • 体験:ジョージタウンと言っただけではペナンの描写として不十分です。「島の別の顔」として知られるバリック・プラウには、昔ながらの漁村やモスク、寺院、水田、香辛料、ヤギ農家があり、レンタカーや自転車ツアーで訪れることができます。
  • 安全第一:バトゥフェリンギのビーチ周辺には、パラセーリングのオペレーターが多くいます。規制に従っていないオペレーターもあるため、安全証明書を確認するか、予約する前にホテルに助言を求めるとよいでしょう。
  • 金銭事情:マーケットでの物々交換は完全に認められています。現地の住民は、最初に出された金額の半額まで交渉することをアドバイスしています。チップは必要ありません。

 

 シャングリ・ラ ラササヤン リゾート&スパ ペナン で宿泊予約を デスティネーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 1
  • Query Time: 0.0016 s
  • Overall render: 1.4002 s