Inner Circle

ロンドンのバーティカルツアー

一味違った角度から味わうロンドン

ロンドンのバーティカルツアー
銀色にきらめくテムズ川に240メートルの見事な橋がかかっています。ここであまり知られていないのがビクトリアン・エンジンルームでしょうか。

ザ・シャードからのロンドンの眺めは格別です。ロンドンの街が、全世界の旅行者が必ず押さえておきたい観光スポットになりました。視界の良い日には、シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドン から60キロ以上先まで眺めることができます。しかしロンドンの街に溢れる数々の有名な観光スポットへは、そこまで足を延ばす必要はありません。その多くがホテルから徒歩やアンダーグラウンドで行ける距離にあるからです。街の探索に繰り出す前に、ホテルの中の上階から、今までにない素晴らしい光景をとくとお楽しみください。

西ヨーロッパで最高の高度にあるレストラン、ゴング から最高の景観を望むことができるセントポール寺院は、旅行者の観光予定には必ずと言って良い程入っています。寺院のドームはロンドンの至る所から見ることができます。ハムステッドヒースやグリニッジ・パークとブラックヒースのような場所では、都市開発に関する法律により景観が守られているからこそ、今なお美しい建物を観賞することができます。最近になって建てられてロンドンの住民に「チーズグレーター」の名前で親しまれているレドンホールビルは、壁が斜めに切り立ったデザインで、フリート・ストリートから見えるセントポール寺院の眺望を遮らないにように設計されています。しかし、マッシュルームの形をしたファサードの部分は、建物に覆われてしまっています。殆どの場所から見えるのはドームの部分だけです。これが唯一見えるのがホテルの上階なのです。サー・クリストファー・レンの天才ぶりを良く伺い知ることができます。あまりに近いので、芸術作品にあしらわれた8つの優雅なアーチと20本のコリント式の柱がまるで手に取るように感じられることでしょう。 

午後の歓びのひと時

クラッシックな英国式のアフタヌーンティーやアジアのインスピレーションを体感するなら、ティング がお勧めです。ホテルにあるこのエレガントなレストランとラウンジは、テムズ川沿いの散策を始める前に、ロンドン観光で立ち寄るのにもってこいの場所です。世界で名だたる橋の1つとなっているタワー・ブリッジが、ここから景観で一番に目立つ存在です。銀色にきらめくテムズ川に240メートルの見事な橋がかかっています。ここであまり知られていないのがビクトリアン・エンジンルームでしょうか。ここでは橋の中で跳ね橋を動かすために使われていた機械について知ることができます。 

ホテルからは、今までとは全く違った角度でもう一つのロンドンの観光名所を見渡すことができます。橋の横にある緑生い茂る広大な場所には、きっと目を奪われるに違いありません。ロンドン塔の敷地の中に広がる芝生の庭園です。歩いていくと厚さ4.5メートルの壁に隠されてしまい見ることができません。ロンドンの市民を敵から守るために、イングランド王ウィリアム1世によって1066年に建設された建物です。後に王室の財宝を守るためだけではなく王室一家が幽閉され処刑されたことでも悪名の高い場所となりました。タワー・ブリッジからロンドン塔への散策や、宮殿の中のヨーマン・ウォーダーズのツアーは、一度は体験してみる価値があります。宮殿では、小さな犬ほどの大きさの7羽のワタリカラスが訪れる者をじっくり睨んでいる姿を見ることができます。ワタリガラスが塔を守るとの信仰から、鳥たちが塔から去る時に塔が陥落するという伝説が言い伝えられています。しかし、ワタリガラスは、時として飛んで逃げていってしまうこともあれば、あまりに悪戯好きでここから追い出されてしまうこともあります。

隠された宝石

ザ・シャードの周辺は、美食家が集まる地域になってきました。1755年からこの地にあるボロー・マーケットは、 ロンドンで最も有名な食料品市場です。ホテルから歩いて数分の場所にあります。美味しい食事が好きな人やこの地の起源を知りたい人を惹きつける魅力を持ったこの場所では、 イギリスで一番の食料品を見つけることができます。シャングリ・ラのシェフも、厨房で料理する食材をここから仕入れる程の確かな品質です。食料品に情熱をかけ知識の豊富な店主が作ったり育てたりして売っている食品を、市場を探検しながら味わってみると良いでしょう。  

お洒落な場所として知られザ・シャードに隣接しているバーモンジーには、ロンドンでも群を抜いて素晴らしいレストランが立ち並びます。バーモンジー・ストリートは、とりわけお値段以上の美食を楽しむことができる場所です。スペイン本場のタパスが大好物のホセさんならきっと、美味しいトルティーヤや唐辛子の塩漬けなどの新鮮な日替わりスペシャルのディナーにまっしぐらに飛びつくことでしょう。通りをもう少し進むとそこには、オープンキッチンで自家製のパンやパスタを振舞うイタリアレストランのズッカがあります。 

昼間の時間も楽しく過ごすことができるのがこのエリアの特徴です。バーモンジー・ストリートの骨董品マーケットも一度、散策してみる価値があります。バーモンジー・ストリートの62番にあるロンドンガラス細工スタジオ&ギャラリーでは、ヨーロッパ一流のガラス職人によって作られた素晴らしいガラス細工の工程を見学することができます。ホテルのコンシェルジェが、現地で探索できるロンドンに隠された宝石のような場所をご紹介します。特にお勧めなのが、オールド・オペレーティングシアターです。セント・トーマス・ストリートにあるこの博物館は、ロンドンにある博物館でも異質な存在です。バロック様式の英国教会の屋根裏にあるのです。

楽しく散策 

ホテルからはこれまでご紹介した場所以外も、とても簡単に探索することができます。ザ・シャードのすく隣にあるアンダーグラウンドのロンドン・ブリッジ駅からピカデリー駅までわずか6分の距離です。ピカデリーにあるザ・ウォルズレーはロンドンで最も人気があるレストランです。セレブが食事をするのを目撃できるかも知れません。アルベマール・ストリートにあるジムクハナはロンドンで最も有名なインド料理レストランです。ここの料理を味わってみてはいかがでしょう。バッキンガム宮殿へは、ピカデリーにあるセント・ジェームスパークからちょっとした散策で辿り着きます。ショッピングのメッカとなっているボンド・ストリートならデザイナーブランドを満喫できます。

ザ・シャードへは、アンダーグラウンドでも簡単に帰れますが、テムズ川を超えて歩いて帰るのも乙なものです。ウエストミンスターの近くにある川にかかった橋の1つを渡ってテムズ川のサウス・バンク沿いを歩いていきます。全長数キロのクイーンズ・ウォークの名前で知られる歩道を使えば、ロンドンで人気のさまざまな観光スポットに行くことができます。HMSベルファストの戦艦の見学もお勧めです。テート・モダンでは創造性に溢れた素晴らしい芸術作品を見ることができます。ここに向かって歩いて行き、さらに進んでいくとホテルに着きます。ホテルを見つけることができないなんてまずあり得ないでしょう。 

 シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドンに今すぐご予約を デスティネーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 1
  • Query Time: 0.0084 s
  • Overall render: 1.7080 s