Inner Circle

新旧が織り交ざる街

数多くの歴史遺産が残るジョホールバルは、独特の雰囲気を醸し出しています。

新旧が織り交ざる街
3千万個ものレゴブロックを使って創り上げられたアジアの有名スポットが立ち並ぶミニランドは、その典型と言えましょう。

マレーシアの半島側の最南端にあるジョホールバルは、まさしく新旧が織り交ざる都市。ノスタルジックな世界とさまざまなアトラクションで訪れる人を虜にします。海峡を超えるとすぐに行ける近隣都市のシンガポールと、この都市はよく比較されることがあります。しかし、ジョホールバルには、独特の良さがあります。そして、アジア南部の他の都市同様、ビジネスの中心地として繁栄する一方で、他方では、リゾート地として多くの観光客を迎え入れています。

新しくなったジョホールバル

ヌサジャヤは、ジョホールバルの都市中心部の西部にあるウォーターフロント地区。(バルは、インドネシア語で「新しい」という意味です。)今日では、ニュージョホールと呼ばれ、美しい景観のプテリ ハーバーは、ヌサジャヤの宝石とまで讃えられています。マリーナ施設の開発プロジェクトと一体となったこのウォーターフロント地区は、688エーカー(約278万平方メートル)の広大な土地に広がり、ジョホールバル海峡の比類のない絶景を誇ります。ジョホール州の新しい政府の拠点都市、コタ イスカンダールにほど近い距離にあって、プテリ ハーバーには、ダイニングやエンターテイメント、アートと文化施設が美しい景観の中に溢れています。

居住区や商業施設と食料品のアウトレットを併せ持つプテリ ハーバーは、交通の要所として、そして、マリーナ施設として、新しい都市の機能を発揮しています。688エーカーのウォーターフロント地区開発の一環で次々とオープンする施設の中で、とりわけ大きな期待を集めたのが、最近、オープンしたトレーダース ホテル プテリハーバー。グローバル展開のホテルとして、ヌサジャヤで初めてオープンするこのホテルが誇る世界一流の施設と283室の上品なインテリアのルームとスイート。ジョホールバルにあるたくさんの観光スポットに足を延ばすのに理想的な場所です。   

ゲームのルール変更

ヌサジャヤでは、沢山のテーマパークの開業が続いています。特に人気があるのが、レゴランド・マレーシア。とても広い敷地に、家族全員で楽しめるアトラクションが盛りだくさん。全世界に6か所あるレゴ・ランドの1つとして、2012年9月に、アジアで初めて開業されました。70エーカー(約28万平方メートル)に広がるテーマパークには、40種類を超えるさまざまな乗り物やショーとアトラクションが繰り広げられています。  

想像力を湧き立てて新たな発見を楽しめるたくさんのアトラクション。3千万個ものレゴブロックを使って創り上げられたアジアの有名スポットが立ち並ぶミニランドは、その典型と言えましょう。精魂込めて手作りで組み上げられたミニチュアの建物には、驚くほどのディーテールが表現されています。何よりもまして、ミニチュアの世界で驚くのは、それらがボタンを押すと本物さながらに動き出すことです。レゴランド・ウォーター・パークも忘れてはいけません。太陽の光を浴びながら陽気に水遊び。20種類以上のエキサイティングな、乗り物やスライダーと波のプールが楽しめます。

ハロー・キティー・マリーナも、同様に、マレーシア海岸のアトラクションの中でとても人気があります。日本以外で初めて開業されたサンリオ・キティー・タウンです。小さなお子様なら、キャラクターのショーを楽しめるレストランのLAT’s パレスや、インタラクティブなプレイゾーンのザ・リトル・ビッグ・クラブ。そして、プテリ・ファミリー・テーマ・パークなら、機関車トーマスや、恐竜バーニーと戯れることも。遊びがなら学べるカラフルで活気に満ちた雰囲気と乗り物や参加型のショーは、かけがえのない体験となることでしょう。

過去の栄光

ジョホールバルに肩を並べるほどの魅惑を放つジョホールラマは、「古い」ジョホールが持つ独特の魅力に満ちています。街の中心部を散策すると、そこには、感心するほどに見事な1800年代から1900年代初期の伝統建築の店や建物が立ち並びます。

その中でも一番の傑作は、スルタンアブバカールモスク。高台の頂上からジョホール水道やシンガポールを見下ろす絶景は、マレーシアでもっとも美しいとまで言われています。スルタン アブ バカールの命令で建てられたこの建物は、1892年に始まったジョホールの近代化の象徴です。今日では、歴史遺産建造物となっています。1900年に完成した2千人の信者を収容可能なモスクの建築様式は、イギリスの見張り塔の設計様式から影響を受けたビクトリア朝を基調としています。

1866年に後年のスルタンからの命令で建てられたスルタン アブ バカールの王宮博物館も、素晴らしい建物の1つです。ヨーロッパの建築家が指揮をとりこの地の職人たちによって建てられたルネッサンス様式の建物は、イギリスの家具で丁寧に調度されています。後に、1990年に博物館に改装され、今では、銀食器や装飾品と社交界の贈答品などの展示を通じて、王室の家族の当時の豪華な生活を垣間見ることができます。スリルを求めてテーマパークへ行くも良し。歴史探索するも良し。ジョホールバルなら新旧が織り交ざった都市の魅力を存分にお楽しみいただけます。 

 トレーダース ホテル プテリハーバーに今すぐご予約を。 デスティネーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.3127 s