Inner Circle

素晴らしいフィジー

「世界一幸福な国」であると最近発表されたフィジーでは、トロピカルな暖かさは現地の人々の笑顔の温かさの次

素晴らしいフィジー
リゾートでは、世界から遠ざかり閉じこもることも確実に可能ですが、トロピカルなヤシの木がそよ風で揺れる青空の下での日光浴は極上のひとときです。

夕方にナディに到着すると、外もまだ明るく、通りはバスを待つ労働者であふれ、リバーサイドでは品物を売る屋台が並び、ヒッチハイカーが通り過ぎる車の台数よりも多く、若いスポーツマンが平坦な場所でラグビーをプレーする。現地に住む人々は毎日慌てて過ごすこともなく、スローモーションに近い動きとともに、ゆったりとした時間が流れています。これが、旅行者が「フィージー時間」として理解していることです。ここでの観光業は現地の経済にとって非常に重要でありながら、現地の人々の生活には付随的なことのように思われます。生活が観光業の外の世界で進み、観光業がなくても幸せな人生が存在するように感じられます。

シャングリ・ラ フィジアン リゾート&スパ フィジーは、リゾートが所有するプライベートアイランドに所在し、ナディ国際空港から約45分先にあります。島と本土をつなぐ橋を渡り、かすかに光が灯されヤシの木が並ぶ道路を車で通り過ぎると、リゾートに到着します。レセプションに入ると、スタッフが「ブラス」(フィジー語で「こんにちは」の意味)という挨拶とともにゲストのお客様を迎え、フレッシュココナッツウォーターと冷たいハンドタオルのおもてなしでご到着を歓迎します。夜になってもトロピカルな花の甘い香りに包まれ、パラダイスに到着したことを確かに感じることができます。

2人だけの島

リゾートでは、世界から遠ざかり閉じこもることも確実に可能ですが、トロピカルなヤシの木がそよ風で揺れる青空の下での日光浴は極上のひとときです。ダイキリを片手に、次のことを想像してみてください。風で髪をなびかせながら上質な白砂のビーチを水着で走る。最近、コンデナストにより最も美しいビーチトップ10にランクインしたナタドラビーチは、他では見つけることができない素晴らしいビーチです。リゾートのゲストの皆様は、ビーチに訪れたり、週2回行われるナタドラツアーに参加したりすることができます。あるいは乗馬の後、ココナッツウォーターや、コンデナストお勧めのナタドラビーチでの海水浴、トロピカルフルーツやカット肉、デザートに溢れるランチビュッフェをお楽しみいただけます。

ヤコナセレモニー

コーラルコースト沿いには、いまだに現地の人々が多く居住する小さな村が多く存在します。海岸に点在する小さな群落の住居は質素ですが、当然ながら世界でも最も素晴らしい住宅もいくつかあります。リゾートの隣に広がるルクルクレヴビレッジは、現地のビール、カヴァカヴァを試飲できます。村に入ると、ツアーバスが兵隊の格好をした若者によって迎えられ、「歓迎式」が行われます。

ヤコナ(ヤーゴーナー)式には、ゲストが村に持ち込んだカヴァ(フィジーではヤコナとして知られる)のギフトの交換が含まれています。ビロ(ビーロー)として知られるココナッツの殻のカップが渡され、1回手をたたくよう指示され、一気に飲み干した後、3回ほどたたき、主催者が同じことをすると、村の地域社会で正真正銘の一員になることができます。数杯飲んだ後、口の中でしびれ、リラクゼーション感を味わうことができるノヴォカインを体験するのが通常です。このドリンクはアルコールや麻薬のように精神状態を変化させますが、カヴァカヴァは鎮静薬に似ています。フィジーの時間が永久的に流れ、現地の人々が幸福度に関する世界的なアンケートで幸福であると回答したことが納得できます。

自然への貢献

フィジーで最も特別な体験は、疑いもなく魚の家作りです。シャングリ・ラ自然保護プロジェクトの一環として、サンゴ礁の漂白や悪環境、熱帯性低気圧の影響を受けた海岸のサンゴ礁を回復させるキャンペーンで、ゲストの皆様は、常駐の海洋生物学者のモセセ・ナヴィチの魚の家作りに参加し、サンゴ礁の成長や海洋生物の繁殖を促すことができます。最終的には、魚の家な要素と、構造的と装飾的な要素として役割を果たす貝殻やサンゴ礁の破片の採集によって魚の家作りを開始します。魚の家で使用する材料(セメント)とデザインを手伝った後、完成した魚の住居を一晩おいて乾かします。翌日、魚の家はカヤックで指定の水中エリアに運ばれ、地理座標を通じてGoogle Earthから監視することができます。

短期の滞在の後、「世界で最も幸福な人々」のアンケートの結果を確証することができます。私たちはこれほど温かく歓迎され、おもてなしを感じたことはありません。フィジーに住む人がほほ笑むと、つい訪問者まで微笑んでしまいます。平静感や再び訪れたいと心に誓わずして去ることはできません。

現地の村への訪問のヒント

  • 特に村長の前では帽子やキャップはかぶらないようにしましょう。
  • 薄手のジャケットやサロンを着用して肌を露出しないようにしましょう。村人のつつましさはキリスト教によって影響が与えられています。
  • 村の集会所では靴は履かないようにしましょう。
  • 愛情表現であっても、子供でも人の頭を触らないようにしましょう。
  • 礼儀正しく振舞い、おもてなしで返しましょう。感謝の気持ちを示した簡単なスピーチを用意しましょう。子供にはクレヨンやキャンディーなどの小さなギフトを渡しましょう(ただし、直接は渡さず、ギフトを子供に渡すかどうか判断する子供の親に渡しましょう)。

 

 シャングリ・ラ フィジアン リゾート&スパ フィジーで宿泊予約を デスティネーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.3010 s