Inner Circle

巨大さを誇る街

ドバイでは大きいことがいいことです。

巨大さを誇る街
次から次へと最新のアトラクションが生まれ、ますます広大化していることで有名です。

ドバイはアラブ首長国連合の中で最も開発が進んだ街として知られています。次から次へと最新のアトラクションが生まれ、ますます広大化していることで有名です。天高くそびえ立つ超高層ビル、途方もなく巨大なショッピングモール、そして群を抜く豪華さを誇るホテルに、訪れる者はきっと釘付けになってしまうことでしょう。計画中の巨大建設プロジェクトが目白押しの街には、まるで無限の可能性が秘められているかのようです。

最新悦のテクノロジーがもたらしたビルの高さ

街で最も有名なランドマークと言えば、斬新な建築アプローチを代表する世界一高いビルのブルジュ・ハリファです。今にも雲に届きそうな160階建てのビルの高さはなんと地上828メートル。2004年以来、自立構造の建築物の高さで世界記録を保持しています。

その伝説的とも言える見事な景観を眺望するのにぴったりなのが、ほど近くに位置する42階建てのシャングリ・ラ ホテル ドバイです。ヤシの木で縁取られた豪華な屋外プールは、とりわけ夕暮れ時になると街のカクテル好きが集まる人気のスポットです。便利な街の中心部にあって壮大なショッピングスポットにもわずか数分で行ける距離です。

これから始まるドラマティックな街の観光に備えて、エネルギーを蓄えておくなら、香宮(シャンパレス)のゆったりとした空間で味わう豪華な飲茶ランチでしょう。2013年と2014年のワッツ・オン・アワードでドバイのベスト中国料理レストランに選ばれた名店です。ホット・アンド・サワー・スープとアスパラガスとトリュフ入りのホタテ貝の土鍋がお勧めです。

ショッピングモール三昧

美味しいお食事で満たされた後は、ドバイ・モールに訪れてみてはいかがでしょう。その敷地面積たるやまさにショッピングモールとして世界一。なんと3年連続で世界一来客数が多いモールだと言われています。2013年は7,500万人もの来客数を記録しました。

たとえ2回に分けて、1回ごとに5時間かけて巡ったとしても、広さ1,300万平方メートルもショッピング天国をすべて見尽くすのは難しいかも知れません。ここには1,200軒ものショップと120軒ものレストランが広々としたスペースに立ち並んでいます。ところが驚くのはまだまだ早いのです。ドバイ水族館にあるのは、厚さ75センチで1,000万リットルもの水圧に耐える世界最大のアクリルパネルの水槽です。ギネスの世界記録を保持しているこのパネルはその厚さにも関わらず水槽の中に生息する3万3千種類もの海洋生物がくっきりと見える素晴らしい透明度を誇ります。

見物しているとそのうちにきっと食欲が湧いてくるに違いありません。そんな時にスイーツを召し上がるなら、やはりブルーミングデールにあるニューヨークズ・マグノリア・ベーカリーが一押しのスポットです。ここのバナナ・プリンは罪深い程の美味しさで人気を集めています。アラブ特産品のスイーツがお好みなら、お勧めはアラベスク・ブティック。ここには中近東の美食の数々が勢揃いしています。そして、お店で作られたレバント・チーズのペストリーをシロップに浸したクネフェもお楽しみいただけます。

もっと本格的にお食事をされたいのであれば、カーマ・カフェはいかがでしょうか。ここから眺める広さ12,000平方メートルのブルジュ・ハリファ湖畔のドバイ・ファウンテンはまさに芸術です。高さ50メートルにまでジェットの力で吹き上げられる水しぶきが、バックミュージックと共に極彩色にライトアップ。パフォーマンスは30分毎に繰り返されています。そして、贅沢を極めたフォアグラの餃子、刺身タコス、鉄板焼きサーモン、「アングリー」チキン、そして牛肉のショートリブなどが美しい盛り付けで目を楽しませてくれることでしょう。

砂漠の薔薇

都会の贅沢を味わうもう1つの方法は、ドバイのゴールドスークの散策です。ここは古くから歴史が根付く商業の中心地。お手軽価格なのとっても魅力的なジュエリーの数々に目を奪われること請け合いです。お買い物の時の値切り交渉もお楽しみのひとつです。もう少し静かで雰囲気のある場所がお好みなら、デイラ・スパイス・スークがお勧めです。乳香の独特の香りが漂うこの市場ならきっと、マサラ・ティー、アルガン油、薔薇の香水、サフラン、そしてバニラのような異国情緒溢れるお土産が見つかる筈です。

同じエリアにあるのが、ドバイ・ミュージアムです。お子様連れのご家族のエンターテイメントのために特に一見の価値のあるスポットです。街で最古の建造物のアル・ファヒディ・フォートの中に繰り広げられているスークやモスクと伝統的な家の模型の数々。アラブ地域で石油が発見される前の姿をきっとお子様がお楽しみになるに違いありません。

土埃舞う不毛の地を無数の四輪駆動が優雅に駆け抜ける、夜のドバイ砂漠も見ものです。ラクダ乗りやヘンナの入れ墨とテントで味わう水煙草も中々の魅力ですが、思わず目を奪われずにいられないのが、星空のもとでケバブを食しながら眺めるベリーダンサーたちのとっても魅惑的な踊りです。しかしなんと言っても、一番の美しいのは、荒涼とした大地の原風景でしょう。黄昏時のシエナ土の砂漠が人の心を惹きつけて離しません。

 シャングリ・ラ ホテル ドバイに今すぐご予約を。 デスティネーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.3448 s