Inner Circle

北に輝ける星

北京の街は、中国の経済力の発展の輝ける星です。そして、同時に、歴史の郷愁を感じさせる魅力が溢れています。

北に輝ける星
もし機会があるのであれば、胡同の静かな細い路地裏を、一度、彷徨ってみると良いでしょう。北京の古い佇まいを垣間見ることができます。昔の街並みの魅力を存分に味わえます。

北京の街のあちこちで、政治の中心地独特の風格を感じることができます。空港に到着した後の巨大なホールから、街の中心街に近づくにつれて林立する他に比類のない高層ビルの数々まで。北京で押さえておきたい観光スポットのそれぞれに共通しているのは、王朝時代から脈々と続く歴史です。ここに訪れる者は、そのことに気づかされるに違いありません。強大な権力を持つ大都市ならではの格調の高さを感じさせてくれる場所もあれば、ゆっくりとした時間の中でぼんやりと過ごし、忘れ得ぬ思い出となるような場所もあります。

頂上からの展望

北京で最もステイタスの高い地域にある、チャイナワールド サミットウィング 北京には、今日、味わうことのできる最高のラグジュアリーが凝縮されています。北京のスパで最も高度の高い場所にあるCHIスパで、まるで天国にいる気分でアロマ バイタリティ マッサージで寛ぐにせよ、水中でも音楽が聴ける屋内のインフィニティプールで泳ぐにせよ、超高層ビルの中にあるこのホテルには、特別な雰囲気が漂っています。

一度でも、グリル79で、ワッフルを味わおうものなら、もう朝食が見方が大きく変わってしまうに違いありません。ピクチャーウィンドウから見渡わたすパノラマは、遥か彼方の地平線まで広がっています。さらに、80階にあるアトモスフィアからは、他では見ることができない街の眺望がお楽しみただけます。ここで味わう街で最も革新的なカクテルも格別です。

ホテルからは紫禁城の屋根も見えます。72ヘクタールの宮殿が街を象徴しているのは、もっともな話ですが、さほど目立たない周辺にも、同じぐらいの価値がある場所がいくつかあります。紫禁城のすぐ裏手にあるのが、景山公園です。北京には丘があまりないので、公園にある丘の上から見る宮殿の眺めは、北京で一二を争います。北京在住のジャーナリスト、フィリップ・マーローが、こう語っています。「緑あふれるオアシスを楽しめるだけでなく、老人たちが伝統楽器の弾き語りを楽しんだり、早朝に太極拳を練習したりする場所としても人気のスポットです。」

王宮の施し

静寂な佇まいの場所を訪れたいのであれば、中でも彩りを放っているのが夏宮です。ここでは、1908年に亡くなるまで西太后が、隠居生活を送っていました。その壮大な敷地には、昆明湖が佇み、アーチ状の石橋や、贅沢な庭園が広がっています。多くの伝統的な水彩画にインスピレーションを与えてきたことでしょう。1750年に、乾隆帝の母の60歳の誕生日を記念して、王朝の命を受けて作られたこの宮庭には当時の豊かさが反映されています。

当時、宮廷の一部だった什刹海の近辺にある湖に隣接する場所では、素晴らしい宝物を見つけることができます。后海は、特にカフェやレストランが立ち並び、夜になると賑わいをみせます。もし機会があるのであれば、胡同の静かな細い路地裏を、一度、彷徨ってみると良いでしょう。北京の古い佇まいを垣間見ることができます。昔の街並みの魅力を存分に味わえます。

胡同に引けを取らないのが、東城区にある南鑼鼓巷です。賑やかな路地には、何軒もの屋外でビールを楽しめる店や、ライブハウス、ギャラリー、そしてこじんまりとしたレストランがひしめく中で、風変りな雑貨からビンテージ物のタイプライターまで、何でも手に入るトレンディーなブティックが立ち並んでいます。美食好きなら、800メートルの長さの路地のどこででも、クレープや、ドーナッツ、アイスクリームなどの現地のスナックを楽しむことができます。                

首都ならではの美食

明朝時代から商業の中心地だった王府井を散策して、ちょっとした買い物三昧で癒しの時間を過ごすのもお勧めです。明朝時代には、この地域に王朝の宮殿とその妃の邸宅が建てられていました。今日では、280種類もの海外ブランドと地元北京のブランドのショップが立ち並ぶ賑やか街並みです。その中で、とてもユニークなのは、1911年創業の盛錫福帽子店と、テーラーメイドのスーツ専門店、雍正テーラーショップです。

そして、北京を訪れたなら北京ダッグを食べずにして帰る訳にはいきません。どこへ行っても、必ず美味しい北京ダッグにありつけますが、やはり一番のお勧めは全鴨季です。艶のあるローストダッグを、プラムソースや、スプリングオニオン、きゅうりと一緒に中華パンと共に、豪華なインテリアの中でお楽しみいただけます。肉の部分は、香りがとても良く、皮は、脂っぽくなく、かりっとしてとても美味です。

一日を有意義に過ごした後の、足の疲れを癒すには、やはり何と言ってもリフレクソロジーです。北京ではとても人気のある寛ぎ方で、その歴史は、殷の時代にまで遡ります。文王は、ナイフや手とやすりで施される足病の治療を楽しんだと伝えられています。今では、もちろんより穏やかな施術ですが、王室の癒しには当時と変わりがありません。さあ、どうぞ、おかけになって、リラックスして存分にお楽しみください。

 チャイナワールド サミットウィング 北京に今すぐご予約を デスティネーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 0
  • Query Time: 0.0000 s
  • Overall render: 0.3195 s