Inner Circle

アブダビの街を巡る旅

世界最速のローラーコースターから海岸沿いのコルニッシュでのゴーカートまで、UAEの首都にはお楽しみが盛りだくさん。

アブダビの街を巡る旅
訪れたものを驚嘆させる24金でできたシャンデリアや大理石のモザイクと「世界最大」の手織の絨毯が見ものです

砂漠の中で羊毛のテントの中に座って不機嫌そうなラグダに鞭を打ったり、24金が鏤められたコーヒーで一息入れながら贅沢に寛いだり。他の場所では決して体験できないコントラストに満ち溢れた魅力を持ち合わせた街、それがアブダビです。アラブ首長国連邦の首都、アブダビの街はペルシャ湾に突き出したT字型の島に広がっています。数キロにもわたって続く白い砂浜や、ユネスコの世界遺産にもなっている世界最大のモスクなど、様々なアトラクションを満喫できるこの国の産業と商業の中心地です。

アドベンチャーに向けてアクセルを踏み込む

アブダビは2009年のF1世界選手権の最終戦の開催地となったヤス・マリーナ・サーキットも自慢です。F1にあまりご興味のない方でも、ドラッグレースを観戦したり、トラックディに参加してご自分でハンドルを握ってレースを楽しんだりサーキットを満喫できます。アドレナリン中毒の方ならフェラーリ・ワールドお勧めです。世界最大の屋内テーマパークで、世界最速のローラーコースターのフォーミュラ・ロッサが待ち受けています。街を訪れればきっと「世界一」で埋め尽くされたこのUAEの街が、自慢の種に尽きないことに気づくことでしょう。

同じ島にあるヤス・ウォーターワールドにも行ってみる価値があります。今年、開園したこの莫大な大きさのウォーターパークは、家族連れにもってこいです。43種類もの乗り物や滑り台など幅広いスリル度のアトラクションが勢揃いしています。いつもどおりの都市滞在型の休暇を楽しみたい方は、マリーナ・モールに行ってみるのが良いでしょう。ラクダバーバーや金粉をトッピングしたコーヒーで一息入れながら贅沢に過ごせます。アブダビ文化遺産村を訪問して地域の文化に浸るのも良いでしょう。

マリーナ・モールから歩いてごくわずかな距離にある文化遺産村には、伝統的なオアシス村が再現されています。首長国の過去の歴史を辿ることで興味深い洞察を得ることができることでしょう。伝統の民族衣装や旧来の灌漑農作から、伝統的な羊毛のテントまで、博物館にはありとあらゆる展示物が所蔵されています。小さな露店街市場や伝統的な工芸品の実演もご覧いただけます。動物好きの方にたまらないのは、ヒトコブラクダやロバとアヒルに加えて雄牛とのご対面でしょう。

シティーライフを堪能

街にある砂浜をご覧になりたい方は、コルニッシュなら文化遺産村から数分で辿り着けます。海風をひとしきり楽しんだ後に人気なのが、ペダル式のゴーカートのレンタル。運動して食欲が湧いてきたら、この辺りなら食事をする場所に事欠きません。本物志向のアジア料理レストランからファストフードと5星の高級レストランまで何でもあります。シャワルマ(お肉を伝統的なパンで巻いたラップ/ケバブ)やマナキーシュ(チーズやお肉とハーブをトッピングした丸いパン)を味見しておくのをお忘れなく。

街で数日過ごせるのであれば、イースタン・マングローブ・ラグーン国立公園周辺のカヤックの旅は予約しておく価値があります。亀やウミヘビと豊富な種類の魚が生息する自然の宝庫です。アブダビには刺激的なアートシーンがあります。もうすぐルーブルとグッゲンハイム美術館がサディヤット島にオープンします。島には既に15,400平方メートルの芸術文化センター、マナラット・アル・サリヤットがあります。

アブダビでの旅行先リストに必ず加えておきたいのは、シェイク・ザーイド・モスク.(す。UAEで最大にして、世界第8位の大きさのモスクです。4万に及ぶ崇拝者を集めるのに十分な広大なスペースには、訪れたものを驚嘆させる24金でできたシャンデリアや大理石のモザイクと「世界最大」の手織の絨毯が見ものです。

イスラム教の祝日の金曜日以外の平日に公開されているこのムスクは、明るい陽ざしに照らされて白と金色の輝きを放ちます。夜になると月の満ち欠けと連動したユニークな照明システムが違った美しさを醸し出します。毎日、無料のツアーが催行されています。街について理解を深めておきたいホリデー旅行者が必ず押さえておくべき場所でしょう。限られた時間の中ではるばるやって来たのですから。

スタイリッシュに疲れを癒す

ティープールの冷たい水に浸ってリラックスするのが一番です。静寂に包まれたシャングリ・ラ ホテル カリヤト アルベリ アブダビ。ホテルのプールから望むことができるのは、この国最大のモスクの見事な眺望です。壮大な外観の中にあって、ホテルのアラビアン建築と温かみのある色合いの空間が心地良さを与えてくれます。気さくなスタッフのおもてなしが心温まります。「すべてが快適ですか?」とゲストルームのドアをノックして尋ねてくれることでしょう。そして、サンラウンジで暑さがきびしく感じてきた頃に、そっと差し出されるフルーツケバブの心遣い。

空港からのアクセスがとても便利な場所にあって、主要なアトラクションへもタクシーですぐに辿りつけます。ホテルは水上交通にも通じています。アラブ伝統のボート、アブラに乗って市街の一角にある高級品の並ぶアラブの青空市場のスークへのショッピングへと繰り出せます。スークの中にある芸術品やジュエリーを一日中物色したり、所狭しと立ち並ぶレストランとバーを満喫したり。クリスマスのアブダビをこの機会に体験してみませんか。

 シャングリ・ラ ホテル カリヤト アルベリ アブダビに今すぐご予約を デスティネーションへ戻る 

コメントがありません

 
 
ゴールデンサークル会員のみコメントすることができます。下記からサインインしてください。会員登録がお済みでない方は、 こちらから 今すぐお申し込みいただけます。コメントおよびユアサークルへのご投稿は、英語または中国語のみの受付となりますのでご注意ください。
  • Queries: 1
  • Query Time: 0.0093 s
  • Overall render: 2.3273 s